日本雑穀協会認定資格とは

設立の背景と目的

雑穀が注目されていく中で、健全な雑穀の普及のために、雑穀の基本から活用方法まで体系的に学び、専門的で正しい知識やスキルを保有する人を増やすことの必要性が求められてきました。そのような中で、雑穀の加工や流通等に携わる企業や雑穀研究者らが集い、人財を育成する教育システムとして、雑穀エキスパートをはじめとした資格講座を2005年12月に開講いたしました。

資格講座は、雑穀に関する知識を競う検定ではなく、雑穀について正しく理解し、仕事や日々の活動を通じて、雑穀の価値や魅力を広く伝えることのできる、優れた人財を育てることを目的としています。

受講の対象

☑ 雑穀に関係する加工、開発、流通、販売等に携わる企業や店舗等の関係者
☑ 雑穀を通じた地域振興や健康的な生活改善に取り組む、行政担当者や関係団体
☑ 雑穀の特徴やおいしさを生かした活用を考える、調理師、料理講師、管理栄養士等の食の専門家
☑ 雑穀の正しい知識やスキル、情報をもって、地域活動や社会貢献に取り組む方
☑ ご自身や家族の健康に、雑穀の価値やすばらしさを知って、効果的に活用したい方

資格講座の種類

資格制度は、雑穀エキスパート講座、雑穀アドバイザー講座、雑穀クリエイター講座の3ステップからなっており、目的に応じて継続して受講することができます。

有資格者の概要

雑穀エキスパート認定者数 2,757名  雑穀アドバイザー認定者数 100名  雑穀クリエイター認定者数 8名
(2018年9月末 現在)

《有資格者の主な職業》
調理師、料理講師、栄養士、管理栄養士、料理研究家、フードコーディネーター、食品メーカーや食品商社等の企画・開発・営業、店舗販売、行政関係者、学校教職員、医師、看護師、雑穀生産者、スポーツインストラクター、美容関係者、学生、主婦など

 

 

有資格者インタビュー記事