有資格者フォローアップ講習のご案内

資格認定者に向けて、時代の流れとともに変わっていく雑穀情勢や知識を伝えて、健全な雑穀の普及につなげることを目的に、有資格者フォローアップ講習を様々なテーマで開催しています。
毎月1~2回、テーマを決めて実施していますので、ご興味ある回にどうぞご参加ください。

開催日時 内容
【終了しました】
2018年11月10日(土) 14:00~16:30
《特別企画》
グルテンフリー食材としての雑穀製パン性研究
・ハトムギの国内生産と市場動向、最近の話題
・雑穀で調製したグルテンフリーパンの製パン性について
※ 詳しい内容はこちらのページをご覧ください。
2018年11月20日(火) 14:30~16:00 雑穀について、その定義と範囲、基本的な紹介方法
雑穀とは何か、日本雑穀協会では定義をどのように捉えているか、雑穀に含む、含まないの区別のほか、雑穀の初心者を対象とした場合の紹介方法における基本的な内容についてお話します。セミナー講師をつとめる方におすすめします。
2018年12月4日(火) 14:30~16:00 雑穀を使ったレシピの書き方 8つの基本ポイント
資格講座の教材やレシピコンテスト、雑誌へのレシピ投稿の校正や監修等、5,000例以上に及ぶ雑穀
レシピに携わってきました。そのような中で培った、雑穀の利用方法をレシピで伝える基本ポイントについて、8つにまとめてお伝えします。
2018年12月18日(火) 14:30~16:00 雑穀市場の全体動向をつかむ
雑穀市場はここ3~4年で大きく変動しています。資格講座の立ち上がり時期から比べると、取り巻く状況もかなり変わりました。そこで、
改めて最近の雑穀市場の動きについて理解して、2019年の活動に向けて参考にしていただきたいと思います。

【対象】 日本雑穀協会認定 有資格者限定
【会場】 製粉会館会議室 東京都中央区日本橋兜町15‐6
【費用】 会場参加: 2,160円(会員),3,240円(非会員)、資料のみ送付: 1,080円(会員),1,620円(非会員)、Zoomダイジェスト参加は無料
【講師】 日本雑穀協会事務局長の中西がつとめ、内容によりゲスト講師が登壇する場合もあります。

共通お申込みフォーム

  • 受講は、会場参加、資料送付、Zoom参加共、日本雑穀協会が認定する資格保有者(雑穀エキスパート,雑穀アドバイザー,雑穀クリエイター)に限ります。
  • 特別企画を除く基本的な流れは、テーマ講義 45分、質疑応答 15分、参加者活動紹介&相互交流 30分となります。
  • 終了後は、ご希望により同会場にて、雑穀に関する個別相談を承ります。(多数の場合は順次)
  • 会場は原則として製粉会館、または東京・日本橋近辺の貸会議室等を予定していますが、東京以外で開催する場合もあります。
  • 開催の翌営業日以降、オンライン配信システムのZoomを使用して、講義内容を15分程度のダイジェスト版でご紹介いたします。各回の配信スケジュールは、共通お申込みフォームをご確認ください。お申込みいただいた方に視聴アドレスをご案内いたします。
  • 会場受講のお申込み締切日は、各々の開催日3日前、Zoomオンライン参加は、配信日の前日までとなります。
  • 会場参加の受講料については、事前のお振込みをお願いしており当日のお支払いはできません。詳細についてはお申込み後にご案内いたします。なお、開催日の3日前からキャンセル料(全額)がかかりますのでご了承ください。
  • 講習会の録音・録画はお断りしています。ただし、講習の進行に差し障りのない範囲での写真撮影は問題ありません。

《2019年のテーマ予定》
・全国雑穀産地情報
・ソルガム・タカキビに関する最近の情報

・食用大麦・もち麦の動向
・雑穀王国岩手の雑穀について
・国産キヌアの動向
・最近の雑穀学術論文紹介
・雑穀に関する最新の法規制
・地域の希少な雑穀紹介
・日本雑穀アワード金賞受賞商品を試食する
・各地の雑穀取引価格と今後の方向性

・雑穀に関するマーケティング用語解説
オリジナル雑穀ブレンドを作る
・雑穀情報を発信する個人ホームページを作る
・雑穀に関する機能性表示の現状と課題

・ここまで進んだ、ハトムギの機能性研究
・ハトムギを活用した地域振興と商品試食
・その他、トピックス等
※ 希望テーマも随時募集しています。

有資格者インタビュー記事